STEPPING OUT

Morohashi Museum of Modern Art

28 June - 7 November 2021

 

Outline of the Exhibition:

It has been about 1 year since the COVID-19 pandemic in 2020. In order to overcome global threats, new lifestyles have been proposed, and the lifestyles, including work and entertainment, are undergoing major changes. In the midst of this, the existence of museums is also facing various challenges, and they are continuing their activities by searching for a new way of being a place to meet the culture inherited from the past and as a place to discover diverse values.

In this exhibition, we introduce the spiritual activities and artistic expressions that resulted from daily changes in the 20 century, focusing on the works of Salvador Dali and Surrealism among the Morohashi Museum of Modern Art's collections, and through the works of PJ Crook, we compare life before 2020 and the present life.

In addition, 2 pieces, "Stepping Out" and "Metamorphoses" (both by PJ Crook) newly added to our growing Collection in 2019 will be shown for the first time.

 

Film setting up the exhibition

 

Film description of the exhibition

 

The Three Sphinxes of Bikini

Salvador Dali (1947), oil on canvas

Metamorphoses

PJ Crook (2018) tinted gesso on wood

 

 

歴史をさかのぼると人間は幾度も未曾有の事態を経験してきました。その度に日常や価値観の大きな転換を迎えながらも、人は文化を手放すことなく新たな思想や芸術表現を創出し続け、今日までの歴史を織りなしています。

2020年のCOVID-19のパンデミックから約一年。世界的な脅威を乗り越えるために新たな生活習慣が提唱され、今や就業や娯楽をはじめとした生活様式も大きな変化を遂げています。そのさなか、美術館という存在もまた様々な課題に直面しながら、過去から継承した文化との出会いの場として、そして多様な価値観を発見する場としての新たな在り方を模索し活動を継続しています。

本展覧会では諸橋近代美術館のコレクションの中からサルバドール・ダリの他、シュルレアリスムの作品を中心に、20世紀において日常の転換から生じた精神活動や芸術表現を紹介するとともに、PJ クルックの作品群を通して2020年以前と現在の生活を比較します。

また、2019年に当館コレクションへ新たに加わった《ステッピング・アウト》、《メタモルフォーゼ》(ともにPJ クルック)の2点を初公開します。

 

■ 主催・会場

公益財団法人諸橋近代美術館

■ 会 期

2021年7月13日(火)~11月7日(日) ∥会期中無休∥

※諸事情により会期が変更になる場合がございます。

■ 時 間

9:30~17:00(最終入館は30分前)

■ 料 金

詳細はこちら

■ メディアの皆様へ

プレスリリース

Stepping Out (In my shoes)

PJ Crook (2017)